All posts by Chris

Risque de catastrophe au réacteur 2 de Fukushima Daiichi : quelles conséquences pour le Pacifique et les USA ?

Source : Asahi Shimbun

 
À la centrale dévastée de Fukushima 1, Tokyo Electric Power Co. Holdings Inc. révèle que le niveau de radiation dans l’enceinte de confinement du réacteur 2 avait atteint 530 sieverts par heure (Sv/h), le taux le plus élevé qu’on ait mesuré depuis la fusion des trois cœurs en mars 2011.

À ce taux de 530… Continue reading

福島第一原発二号機が引き起こしかねない大惨事 太平洋と米国への影響や如何?

(翻訳:神学博士 川上直哉)

朝日新聞英語版より

朝日新聞英語版より

事故により破損した福島第一原子力発電所の第二号機格納容器内の放射能レベルは最大で530Sv/hにまで達した。これは2011年3月の事故によって三つのメルトダウンが起こって以来最大の数値であると、東京電力会部式会社(TEPCO)は語った。

530Sv/hとは、ごくわずかな時間の被ばくによって人が死亡するレベルである。この放射能の数値は、2011年3月に破損した三つの原子炉すべてを解体する困難の巨大さを示している。原子炉取り出しの方法を見出さなければならない日本政府とTEPCOは、まさに困難な現実を突き付けられた格好だ。

国立研究開発法人 放射線医学総合研究所(放医研)の公式見解によると、放射線を取り扱うどんな医療関係者も、これほどのレベルの放射能を取り扱うことについては、考えることもできないという。

TEPCOはまた、カメラの遠隔操作によって得られた映像を分析したところ、原子炉の第一格納容器の中にある圧力容器の下には、金属製の格子の中に2メートルの穴があった、とも報告した。

放射能、3.11以来最大に
2017年2月3日付 ジャパンタイムス

画像分析によると、福島第一原発二号機内格納容器の中の圧力容器の下にある格子に2メートルの穴が空いている。(画像は東京電力)

画像分析によると、福島第一原発二号機内格納容器の中の圧力容器の下にある格子に2メートルの穴が空いている。(画像は東京電力)

原子力の安全対策を専門とするタナベ フミヤ氏によると、この画像分析によって、廃炉作業の準備とその具体的作業は、当初考えていたよりもさらにずっと難しいものだと分かった、という。なお、タナベ氏は1979年に米国スリーマイル島で起こった原発事故を分析した経験を持っている。 
– “Radiation Level in Fukushima Reactor could kill within a minute”, 「福島原発の原子炉内放射能は一分以内に人を殺傷するレベル
2017年2月3日 朝日新聞英語版
損傷した福島第一原発二号機の格納容器内の放射能レベルは、専門家が信じていたよりも格段に高いものであったことが、今や、明らかとなりました。

二号機の危機を前に、私は一つの恐ろしい記憶をよみがえらせています。それは2011年3月の地震の後に福島第一原発四号機が引き起こしかねなかった大惨事です。四号機は、ヒロシマ型原爆の14000倍に相当する放射能をその内側に蔵していたのでした。

二号機の危険性は今、私たちにいくつもの問いを持って迫っています。

    The Potential Catastrophe of Reactor 2 at Fukushima Daiichi: What Effect for the Pacific and the US?

    français | 日本語訳    

    Source: Asahi Shimbun

    Source: Asahi Shimbun

    The radiation level in the containment vessel of reactor 2 at the crippled Fukushima No. 1 power plant has reached a maximum of 530 sieverts per hour, the highest since the triple core meltdown in March 2011, Tokyo Electric Power Co. Holdings Inc. said.
    
    At 530 sieverts, a person could die from even brief exposure, highlighting the difficulties ahead as the government and Tepco grope their way toward dismantling all three reactors crippled by the March 2011 disaster.
    
    An official of the National Institute of Radiological Sciences said medical professionals have never considered dealing with this level of radiation in their work.
    
    Tepco also announced that, based on its analysis of images taken by a remote-controlled camera, that there is a 2-meter hole in the metal grating under the pressure vessel in the reactor’s primary containment vessel. It also thinks part of the grating is warped.
    
    -  "Highest radiation reaching since 3/11 detected at Fukushima", Japan Times, February 3, 2017 .

     

    Based on image analysis, a two-meter hole has been found in the metal grate under a pressure vessel in reactor No. 2's containment vessels at the Fukushima No. 1 nuclear power plant. Image: Tokyo Electric Power Company

    Based on image analysis, a two-meter hole has been found in the metal grate under a pressure vessel in reactor No. 2’s containment vessels at the Fukushima No. 1 nuclear power plant. Image: Tokyo Electric Power Company

    Fumiya Tanabe, an expert on nuclear safety who analyzed the 1979 Three Mile Island nuclear accident in the United States, said the findings show that both the preparation for and the actual decommissioning process at the plant will likely prove much more difficult than expected.
    
    - "Radiation Level in Fukushima Reactor could kill within a minute", Asahi Shimbun, February 3, 2017.

     

    It is clear to us now that the radiation level in the containment vessel of the crippled Reactor 2 is much higher than experts had believed.

    The danger of Reactor 2 reminds me of the story of the potential collapse of Reactor 4 after the March 11, 2011, earthquake. That reactor contained 14,000 times the radiation of the Hiroshima bomb.

    The danger of Reactor 2 begs us to ask many new questions:

    • What is the probability of next strong earthquake?
    • What is the earthquake resistance of the building that houses the reactor?
    • How do we find the location of the irradiated cores in the pressure vessels?
    • If it collapsed, what is appropriate evacuation distance?
    • What is the the damage to ocean marine life?
    • What are the potential risks to children and people on the West Coast of North America, who may be affected by the flow of much stronger contaminated water into ocean from Fukushima?

    I am very pleased that Dr. Shuzo Takemoto — professor of the Department of Geophysics, Graduate School of Science, Kyoto University — responded to my concerns. I share his perspective below.

    – Akio Matsumura

    Potential Global Catastrophe of the Reactor No.2 at Fukushima Daiichi
    by Professor Shuzo Takemoto

    On July 28, 2016, the Tokyo Electric Power Company (Tepco, the utility that operates the reactors) published the images of the F1 Unit 2 reactor screened by muon particles coming from the universe — similar to an X-Ray. They showed the shadow of materials equivalent to 180 – 210 tons at the lower part of the pressure vessel. Consequently, Tepco concluded “Most of the nuclear fuels are estimated to remain in the vessel.”

    Muon imaging setup for Fukushima Daiichi Unit 2. FMT-2 is installed inside a concrete radiation shield in front of the reactor building. Typical muon scattering angles are a few degrees.

    Muon imaging setup for Fukushima Daiichi Unit 2. FMT-2 is installed inside a concrete radiation shield in front of the reactor building. Typical muon scattering angles are a few degrees.

    It can hardly be said that the Fukushima accident is heading toward a solution. The problem of Unit 2, where a large volume of nuclear fuels remain, is particularly crucial. Reactor Unit 2 started its commercial operation in July 1974. It held out severe circumstances of high temperature and high pressure emanating from the March 11, 2011, accident without being destroyed. However, years long use of the pressure vessel must have brought about its weakening due to irradiation. If it should encounter a big earth tremor, it will be destroyed and scatter the remaining nuclear fuel and its debris, making the Tokyo metropolitan area uninhabitable. The Tokyo Olympics in 2020 will then be utterly out of the question.

    The number of nuclear fuel rods in the cooling pool are as follows; Unit 1: 392, Unit 2: 615, Unit 3: 566. In ordinary times, these fuel rods can continue to be cooled if electricity is secured to pump water. We are filled with anxiety when we think of a power failure and of a strong earthquake befalling them, and of their consequences.

    The earthquake of November 22, 2016, off the coast of the Fukushima Prefecture (magnitude 7.4) and the earthquake of December 28, 2016, in the Northern part of the Ibaragi Prefecture (magnitude 6.3) are situated in the aftershock area of the 2011 earthquake off the Pacific coast of Tōhoku. In this area, we must foresee a number of magnitude 7 class earthquakes. Consequently, we cannot exclude the possibility of intensity 6 and intensity 7 earthquakes befalling the Fukushima Daiichi. What is most dreaded is what could happen to the Unit 2 whose pressure vessel contain a large volume of nuclear fuel debris.

    This pressure vessel has endured the sudden change of temperature and pressure in the accident of March 2011, but in light of its possible weakening due to irradiation, it could be seriously damaged if a new big earth tremor occurs nearby.

     

     

    Quel rapport entre les centrales nucléaires et les armes nucléaires ?

    Après la catastrophe nucléaire de Fukushima, j’ai réalisé une chose importante: nous n’avons pas voulu voir que les radiations provoquées par les bombes atomiques et celles qui proviennent d’un accident nucléaire sont extrêmement similaires en termes de risques pour la vie humaine. Il ya longtemps que nous admettons les dangers des attaques à l’arme nucléaire quand elles sont perpétrées par des États et aujourd’hui nous comprenons la menace que représentent

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か?

    松村昭雄

           (日本語訳:川上直哉 神学博士)

    福島原発事故を契機に、私は重要なことに気づかされました。私たちはどうやら、「原爆による放射能」と「原発事故による放射能」との関係について、十分に理解していなかったようです。実は、人間の生命や人生について真面目に考えるなら、実はこの両者は、ほとんど同じリスク要因となるものだったのです。国家による核攻撃にさらされるかもしれない、という危険を、私たちはずっと抱えてきました。そして今、私たちは新たに原発の脅威を感じています。人的なミスと、そして地震・津波・火山などの自然災害と、その二つが原発に及ぼす脅威のことです。あるいはここで、何かもう一つ、カギとなるものを見落としているのではないか、と思うのです。つまり、原子力発電所に攻撃が加えられたら、いったいどうなるのでしょうか。結局、何が気がかりなのかといいますと、それはつまり、政情不安に悩む国でテロリストが原発を攻撃したらどうなるのか、ということなのです。

    核兵器に反対を表明しながら、核エネルギーを支持している、というオピニオンリーダーにお会いしたことがあります。彼によると、核エネルギーは二酸化炭素削減に大きな貢献をするというのです。この方が唱える核兵器反対も、核エネルギー支持も、両方とも意味ある議論だと思います。しかし私は思うのです。この両方とも、長期にわたるリスクとその帰結についての視野に欠けているのではないか、と。

    私は、スコット・ジョーンズ博士に助力を求めました。彼はNEAA(Nuclear Emergency Action Alliance核問題緊急同盟)のIAC(International Advisory Council=国際諮問会議)のメンバーです。彼に、原発と核兵器の関係を説明してほしいと思いました。彼はかつて海軍のキャリア官僚であり、核兵器に関する広範な経験を持っています。核兵器を運搬するパイロットとして高い評価を得、諜報部門での任務経験を持ち、官僚としては核兵器配備担当の任に就き、米国欧州作戦案における付帯文書「核による標的」を作成した人物でもあります。そうした経歴の後、彼は、クライボーン・ペル上院議員の特別補佐官となりました。なお、スコット・ジョーンズ博士には、以前、「Fading Memories and Lessons Learned風化する記憶と学ぶべき教訓)」と題した記事を寄稿していただいたことがあります。

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か

    スコット・ジョーンズ博士

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か。そう問われたならば、「母と子」という関係が、両者の関係だと答えます。もちろん、「母子」という言葉に込められている古典的な優しいイメージはわきに置いておいてください。科学者の間で、そして、原子力事業者の間で、このことはすでに所与の事実なのです。とはいえ、「核の平和利用」という商業的なスローガンが導入されて以来、この現実はあいまいなものとされてきました。それが一般の人々の間に急激にはっきり意識されるようになったのは、1983年1月のことです。それは、論文「原子力科学の小冊子」が発表されたことによるのです。そこには次のように書いてありました。

    「ビジネスの力を核爆弾に結び付けること。このことの経済的利点を確認すればするほど、どうしても、いよいよ悲惨な結果に立ち至ることになる。1981年の終わりころ、米国政府は、商業用の原子炉にある核燃料を、新しい核弾頭のためのプルトニウムの原材料として使いまわすことを考え始めたのだ。そこに経済的な魅力があると衆目が一致するなら、それもあり得ることだろう。しかしそうだとしても、そこには膨大な政治的コストがかかることになる。そのことを、合衆国政府は考慮に入れたのだろうか。」

    核エネルギーが生み出すものと、核兵器とは、基本的・根本的なところでつながっています。それは家族的な関係といえるでしょう。しかしながら、それは別の重要な関係性へとつながっています。

    核兵器は、国家安全保障をめぐる政治的決断という強い意志を込めて生み出されるものです。合衆国が核兵器を開発し使用しました。その後、核兵器保有国のクラブが生まれました。その保有国たちは、核保有がその国に安全をもたらすこと、そして、この機会を逃せば核はもう持てなくなるだろうということを考えて、決断をして核保有に踏み切りました。そのとき、それはすべての潜在的な敵に対する抑止としての防衛的措置である、と主張されました。つまり、核兵器で攻撃されることへの抑止ということが語られたのです。

    恐怖というのは、見事な肥料です。知恵をもって立派に立ちおおせる人であっても、恐怖にかられると、目に見える脅威が減らされるのか、あるいは激化するのか、とにかく判断してしまおうとしてしまうものです。判断することは、NEAAの任務ではありません。NEAAの任務は、緊急事態が進行中であるというときに、人々の手助けとなることです。

    まず、確かなこととして言えることが一つあります。それは、原発がそれ自身、潜在的な標的となっている、ということです。そして、簡単には予測できないことが一つあります。それは、いったいだれが、あるいは何が、侵略者となるのか、ということです。

    人間の世界においては、最近でも過去においても、敵というものはいつも、具体的な標的をもち、脅威として列挙できたものです。しかし今、世界には31の国々に450もの稼働中の原発があります。さらにもう少し未来に目を向ければ、16の国々が60の新しい原発を持つべく、建設を進めています。テロリストグループはそれらの中から一つを選べばいい。それだけで、大変な脅威が生じるかもしれないのです。テロリストはどこを狙うのでしょうか。標的は、攻撃への防御が最も手薄な場所を選んで決まるのです。

    いまや標的とすべきものの数に不足はありません。そしてその数は増えているのです。テロ攻撃というものは、それが成功なのか不成功なのかについて、放射性物質の拡散量によって決まるものではありません。テロの成否は、おそらく、まず物質的なものではない何かによって決まってくることでしょう。

    核エネルギーのネットワークは地球規模に広がっています。私たちはみな、精神的な逼迫状態にあるというべきシステムを共有しているのです。そのシステムは、核をめぐる事件が起こるたびに、キイキイと軋んでいます。世界の多くの場所で、事故や攻撃が起こるのか、起こらないのか。私たちはヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリそしてフクシマの記憶のレンズを通して見て、よく考えなければならないと思います。… Continue reading

    What is the Relationship of Nuclear Energy Plants and Nuclear Weapons?

    français | 日本語訳

    It is my important discovery from the Fukushima nuclear power accident that we failed to understand radiation from nuclear bombs and the radiation from the nuclear accident are little different in terms of the risk for human life. We have long accepted the dangers of attacks by state actors with nuclear weapons, and now we understand the threat of human error and natural disasters like earthquakes, tsunamis

    社会全体の利益を守るために: 原発関係者以外の声を繋ぎ、増幅させるため、 国際諮問会議を構築する

    2016年11月30日

    松村昭雄

    (日本語訳:川上直哉 神学博士)

    2016年11月23日の朝日新聞(英語版)に、以下のような社説が掲載されました。

    *************

    地球規模で考えてみれば、5年と6か月という年月の経過など、一瞬の時間にも過ぎない。

    2016年11月22日、マグニチュード7.4の地震が日本の東北地方を襲った。これは2011年3月11日の東日本大震災の余震とみられている。この地震は、私たち「忘れっぽい」人類への警告となった。

    今回特に、東京電力福島第二原発の使用済み燃料プールの冷却装置が一時停止したという事実が、多くの人々の心に警報となって響いた。実に、2011年3月の災害直後には、福島第一原発の冷却装置が機能しなくなり、使用済み核燃料が極めて危険な状態に陥ったのだ。その時、大規模な放射性物質拡散の危険性が高まり、人々は恐怖したのだった。

    今ここで私たちは意識しなければならない――私たちは、もしかすると、あの特別な教訓をすでに忘れてしまっているのではないだろうか。

    私たちは、すべての災害から謙虚に学ばねばならないはずだ。今や、個人であれ、団体であれ、社会のすべてを挙げて、実行可能な対策を、しっかりと確実に講じ続けなければならない。

    つまるところ、それだけが次の災害への唯一の備えとなる。次の災害は、あるいは今日起こるかもしれないのだ。

    *************

    日本政府と東京都は2020年の東京オリンピック関連情報を大量に流し続けています。その狂騒の結果、私たちはある事実についてほとんど顧慮しなくなってしまいました。つまりたとえば「復旧がどのように進んでいるのか」とか「作業員がどんな困難に直面しているか」とか、あるいは「福島第一原発周辺でどれほどの地域が立ち入り不能となっているか」といった事実を、私たちはもう気にもしていないのです。確かに、表層的にだけ物事を見ている日本人や米国人にとっては、福島原発の問題はずいぶん前に解決済みで、今も「アンダーコントロール」なのでしょう。しかしもちろん、そんなことにはなっていません。福島原発の危機は多方面にわたって継続しており、人類と環境の安全性は脅かされ続けている、と、私は懸念しているのです。

    福島県楢葉町にある東京電力福島第二原子力発電所 (Kyodo November 22, 2016. Mandatory credit Kyodo Kyodo/via REUTERS)

    福島県楢葉町にある東京電力福島第二原子力発電所(Kyodo November 22, 2016. Mandatory credit Kyodo Kyodo/via REUTERS)

    もはや、メディアがこの危機にスポットライトを当てることはなくなってしまいました。ですから、敢えて以下の事実に意識を向け続けることが重要となっています:

    • 放射能が強すぎて、福島第一原発の1・2・3号機の内部には、誰も入ることができない。今後最低40年は、露出した核燃料を取り出すこともできないとされている。
    • 東京電力は400トンの冷却水を毎日投入することで、メルトダウンした三つの炉心を冷やしている。これとは別に、400トンの地下水が原子炉建屋に毎日流入している。加えて、汚染地域に広がる放射性物質が雨によって海へと流れ出てしまっている。

    Pour la défense de l’intérêt public : connecter et amplifier les voix indépendantes en matière d’accidents nucléaires

    Akio Matsumura

    Information tirée de l’ Asahi Shimbun Editorial on Nov 23, 2016 (Anglais) :
    Pour la planète Terre, une période de cinq ans et huit mois ne représente que le temps d’un éclair.

    Le séisme de force 7,4 qui a frappé l’est du Japon le 22 novembre 2016 et serait une réplique du grand séisme du Japon de l’Est du 11 mars 2011, a servi à… Continue reading

    In Defense of the Public Interest: Connecting and Amplifying Independent Voices around Nuclear Accidents

    français | 日本語訳

    Akio Matsumura

    Excerpts from the Asahi Shimbun Editorial on Nov 23, 2016:
    For planet Earth, the passage of five years and eight months represents nothing but a flash.

    The Magnitude 7.4 earthquake that struck eastern Japan on November 22, 2016, believed to an aftershock of the Great East Japan Earthquake of March 11, 2011, served as a wake up-up call, for us… Continue reading

    アメリカの新しいデジタルコルプス

    2016年9月30日

    松 村 昭 雄

     

    米国の政治家がソーシャルメデイアの扱い方を覚え始めたのは、つい最近のことです。オバマ大統領とヒラリー・クリントン氏はコメデイショー「Between Two Ferns」に出演し、政策を宣伝して若者たちの間で話題となりました。ドナルド・トランプ氏はツイ―トでの得点を伸ばしていいます。ただし、「ポピュラーになること」だけでは、私たちの世界のデジタルな領域で十分な力を持つことには至りません。(もちろん、オバマ大統領は、サイバーセキュリティなどのデジタルなイノベーションを通して米国を発展させました。「米国情報相(US Digital Service)」はその例でしょう。オバマ大統領は、人工知能をめぐる対話が展開する方向へと力添えをしています。最近のguest-edited WIRED magazine を参照ください。)

     

    現代世界におけるデジタル・ネットワークは、パワフルです。外交政策の現場でもその中枢でも、サイバー攻撃はすさまじく、あっという間に侵入してきます(例えば、米国の選挙についていえば、まだ一カ月以上先に予定されている段階で、もうすでにハッキングされたようです)。更に言えば、インターネットの繋がりによって、様々な思想が、地理的に離れた空間を行き来するようになりました。以前は遮断されていたり、あるいは知られてすらいなかった空間へも、カーンアカデミー(2006年にサルマン・カーンにより設立された教育系非営利団体。YouTubeで短時間の講座を配信し、運営サイトにて練習問題や教育者向けのツールを無料提供している)を通して教育用の動画が配信されています。白人系の差別主義者からは一連のスレッドとなった議論が流通し、ISIL募集者からは人々を魅了する募集広告が配信されています。

     

    ISILのオンライン募集作戦に対抗するため、米国政府は行動を開始しました。デジタル部門を設立して分析を進め、四面楚歌にあるISILが今仕掛けてくる情報発信に様々な形で対応し始めました。FBI、NSA、そしてサイバーコマンドなどが、秘密裏に活動を続けています。こうしたことはつまり、米国が公的に新しい一歩を踏み出して、インターネットの世界における新しい局面に取り組み、戦っていることを示す事例となっています。

     

    以上のようなことを受けて、ファラ・パンデイス前合衆国議員は、若い人々に極端なグループが遡及してゆくことを止めるところまで、私たちが大きく意識を変えなければならない、と、次のように語っています

     

    「おれたち」と「連中」という議論の枠組みがある。その枠組みの中で、ISIL、アルカイダ、ボコ・ハラム、その他、といった組織は、オンラインであれオフラインであれ、非常に重厚でスマートなマーケティングをしている。そのマーケティングがターゲットにしているのはデジタル・ネイティブの人々であり、アイデンティティの危機を共有している人々で、Sheikh Googleからの呼びかけに答えて先へ進もうとする人々だ。この人々を守らねばならない。そのためには、地球の向こう側まで届く確かな声を活用して、同志を募るネットワークを機能させ、地球を縦横につなぐ組織とを構築しなければならないのだ。サウジアラビヤやカタールでは、宗教的な教育とグローバルに展開している公的圧力がある。そこに真剣に注目し、イスラムの多様性について(他の宗教については語るまでもない)不寛容になるようにと組織的に洗脳するこの動きを止めなければならない。これが、鍵だ。活発なミレニアル世代(1980年代半ばから2003年の間に生まれた世代)を動員することが重要だ。そのために、その世代の声を拾い上げなければならない。その仲間同士の思いが邂逅することで化学変化を引き起こし、新しい方途を拓かなければならない。

     

    アメリカ人は長い間、理念をめぐる闘いに、そのソフトパワーを動員してきました。国の草創期にはベンジャミン・フランクリンがフランスへの使者として派遣されました。ディジー・ガレスピー、ベニー・グッドマン、その他ユニークなアメリカのジャズ音楽が、中東へ、南ヨーロッパへ、そして冷戦期のソ連へと、動員されました。その冷戦の時期に、ケネデイ―大統領は「ピースコルプス(平和部隊:米国政府が運営するボランティア部隊で、隊員は開発途上国へ派遣される)」を創設しました。彼は外国での開発事業がアメリカの若者を結集させる力を持っていることを知っていたからです。

     

    私自身、交換留学制度のお世話になり、ピースコルプスをめぐって、重要な経験を重ねてきました。

     

    たとえば、30年前のことです。ミシガン選出の国会議員フィリップ・ルペ氏が私と私の家族をワシントンの彼の家に招待してくれました。奥様のローレイ・ミラー・ルぺ夫人はレーガン大統領の下、ピースコルプスのデイレクターでした。夕食を食べながらルぺ夫人は、第二次世界大戦後のアメリカの海外政策(私は非常に成功したと思っていたのですが)について、私に尋ねました。私はまず2つのことを話しました。つまり、マーシャルプランと日本への占領政策についてです。そしてそれに続けて、3つ目に「ピースコルプスです」と言った時、彼女は不意を突かれた様子で、私に「あら、ちょっとした外交官みたいね」と言ったのです。でも私は、「いえ、私は以前からピースコルプスに加わりたかったのです。でも私はアメリカ人でないため、できなかったのでした。でもその代わり、私は国際学生協会の積極的メンバーになったのです」と答えたのです。

     

    また私は、1964年に多くの東南アジアの国々を訪問するという素晴らしい機会に恵まれ、ベトナム戦争が拡大する前にサイゴン大学を含む大学生寮に泊まることができました。多くの若者、未来のべトナムのリーダー達は、アメリカの政策とベトナム戦争に反対でしたが、彼らはピースコルプスの仲間達との素晴らしい友情を育んでいました。

     

    ピースコルプスの使命は「世界平和と友情を推進する事」です。そのために、「3つの目標」が設定されています。それは「訓練されたボランティアによってその要請に応え、関係各国の人々を助けること。」「支援される人々の側が米国人について、よい理解を得るようにすること。」「米国人の側が他国の人々について、よい理解を得るようにすること」の三つでした。

     

    米国の人々は様々な世代から構成されるピースコルプスのボランティアを充分に評価していたわけではありませんでした。私は長い間、国際関係の仕事に深く関係してきました。私はそうした働きを、自動車に例えて、次のように説明しています。「政府間を繋げることが、国際関係という車を動かすガソリンの供給に例えられる。そして、私的で個人的なつながりを作り出すことが、エンジンを滑らかにし、すべてを円滑に進めることが出来るようになる」(詳しくは「アメリカは出帆する:平和と希望を目指し、境界を越えて」を参照ください)。

     

    イーロン・マスク(テスラ・モターズCEO)やグーグルといった人や組織が、今日の自動車をリノベーションしています。まさにそのように、次の大統領は、政府間、国民間、その他の領域間でのデジタルなつながりをリノベーションするために行動を起こさなければなりません。私は、次期大統領に、「ユース・コルプス」を提案したいと思います。まず最初の100日以内に30名の若者をホワイトハウスに招待し「デジタルに基礎づけられた国づくり」を開始するのです。若い米国人の声をネットワークするのです。そうして、次々と新しく湧き上がるIT技術の先を行き、「ピース・コルプス」「アメリコー(米国海外青年協力隊)」そして新しく設立された米国情報省の蓄積に学びつつ、米国の若者たちを再び結集させるのです。

    &nbsp… Continue reading