All posts by Chris

Poisoned Flow: Fukushima is an American Problem

Fukushima Update

In December 2016, Japan’s government nearly doubled its projections for costs related to the Fukushima nuclear disaster to 21.5 trillion yen ($188 billion), increasing pressure on Tokyo Electric Power (Tepco) to step up reform and improve its performance. Less optimistic observers estimate total cleanup costs will end up between $300 billion and $500 billion.

Although 34.5 billion yen ($309 million) in taxpayer money has funded an "ice wall" to keep out groundwater from the Fukushima No. 1 nuclear power plant site, the frozen barrier may not be meeting hopes and expectations. In theory, the ice wall should serve as a dam to prevent groundwater from the mountainside of the plant from flowing into the reactor buildings.

The groundwater level rose rapidly and the average daily flow of groundwater into the building basements for October was estimated to be 310 tons. That was close to the 400 tons that was flowing into the building basements before any measures were implemented to deal with the contaminated water. - Fukushima “Ice Wall “ Linchpin not living up to high hopes November 26, 2017 by The Asahi Shimbun

One Tepco manager shared the status at the plant in late November 2017:

We’re struggling with four problems: (1) reducing the radiation at the site (2) stopping the influx of groundwater (3) retrieving the spent fuel rods and (4) removing the molten nuclear fuel.

Seven years after the triple meltdown, they do not know what’s going on inside. Nobody knows, nobody can possibly know, which is one of the major risks of nuclear meltdowns. Nobody knows what to do. 

From Fukushima to San Francisco

It is plain to see that the continued flow of water from the nuclear plant extends the problems of Fukushima into the Pacific ocean. Marine life could be at risk. On the West Coast st of North America, children and adults may be affected. (See my previous article.)

The University of Hawaii at Manoa published a report this year, In the Wake of Fukushima: Radiocesium Inventories of Selected North Pacific Fish:

Thirteen commonly consumed types of fish caught in the North Pacific and locally available in Hawaii were analyzed using gamma spectroscopy to measure Fukushima-derived and historic 134 Cs and 137 Cs isotopes. All fish samples had detectable 137 Cs above 95% Confidence Intervals. Three out of the thirteen samples had 134 Cs, an isotope indicative of Fukushima releases, detected above 95% Confidence Intervals. The highest 134 Cs and 137 Cs concentration in the examined species was in ahi tuna carrying 0.10±0.04 Bq/kg and 0.62±0.05 Bq/kg, respectively. Other samples with 134 Cs activities found above their 2-sigma uncertainty were albacore tuna and swordfish.

Five samples showed the Fukushima tracer 134Cs, present above critical levels and at the 68% confidence interval (CI at 1-sigma uncertainty) but only three of those fish exhibited activities above the range of their 2 sigma uncertainty representing 95% CI.

This study suggests that about 40% of fish tested and consumed on the islands of Hawai’i were recently exposed to the path of the Fukushima-derived radiocesium plume in the North Pacific Gyre. Fukushima-derived radio cesium fallout in Hawaiian soils

This study, which shows that fish have come into contact with radiation but have not been affected by it, is the result of only six years of accumulation after the Fukushima nuclear power accident. Given that, as we hear from Tepco, the contaminated water will continue to flow for up to eighty years, we must expect this to get worse. We should prepare from now all possible means to reduce the unavoidable burden that our descendants will face definitely in coming decades when most of this article readers might be in other spiritual world.

Silent Representation

Despite this steady stream of contamination and a host of unknowns, U.S. West Coast politicians have remained silent. Why will they not speak up? I have four thoughts.

  1. Contaminated food and water is bad for business. People in fishing, agriculture, or tourism do not want to consider the unknowns as they consider their budgets.
  2. The military industry thinks of nuclear technologies as linked to defense and security.
  3. Environmentalists and climate change activists focus on nuclear power as a zero-carbon source of electricity.
  4. Some scientists believe that the current level of radiation is no harm to human or fish chain and farm products after seven years of the Fukushima accident. Some nuclear scientists knowingly speak out for the benefit of the government and nuclear industry.

For all of these interest groups, it is in their short term interest to close their eyes and hope that what went into the ocean drops down to the floor and never returns. The one example we do have, however, Chernobyl, provides a perfect example of how radiation takes several years to manifest as cancer and other severe ailments.

The full extent of the damage will not be understood until the fifth generation of descendants.

Most congressmen, governors, and mayors also have an interest in waiting this out if possible. In two to eight years their terms will be up. No voters want to consider potential effects decades from now, so the politician has no incentive to tackle it. I have worked alongside politicians from many countries for 40 years. Above all, we discussed issues of humanity – war, peace, the environment. I admire their talent of understanding people’s mind and their demand for the short term solution through their election.

Developing Deep Leadership: a California-led Solution

The issue of Fukushima and the contaminated water that continues into the Pacific is a question of eternal values. It includes issues of economic growth and health, but also runs much deeper: Who will take responsibility for our planet?

This summer I went to Sacramento to visit Governor Brown. We have known each other for decades. I have always thought of him as a different sort of politician. Who else could I talk to about an issue that might affect life for tens of thousands of years to come? We both agreed that we need a new vision to look at this great environmental issue.

I envision an International Lawmakers Conference. Its aims will be to (1) develop a new type of leadership among elected politicians, (2) determine how we invest now in the field of medicine and (3) build a global mechanism to safely store the 250,000 tons of radioactive waste we have already produced.

In the short term, the International Lawmakers Conference would raise awareness for the ongoing flow of water into the Pacific. This would encourage more scientific studies, attract the attention of politicians and the funds of institutions. Eventually it will help instill a sense of greater values in our leaders. Participants would include federal and state lawmakers, governors, mayors, as well as religious and business leaders, scientists, and representatives from international organizations. The international members of the Nuclear Emergency Action Alliance (NEAA) could play a critical role of expert nuclear guidance.

I do hope some US Congressmen of the West Coast States will stand up and speak out on these serious long-term effect issues for the sake of our descendants and the earth.

In Memory

To end, I would like to remind readers of the heroic mission and sacrifice of the late Yastel Yamada, founder of the Skilled Veterans Corps for Fukushima. The rationale behind the Skilled Veterans Corps is that even if workers get cancer from the radiation, it may take 20 years to develop, wherein average life expectancy only gives them 12 to 15 years to live anyway. He didn’t believe the young should risk their lives to do work that his group could handle on their own. Mr. Yamada passed away two years ago from cancer, much earlier than he expected after.  His mission to save young lives will be remembered by younger generations who will carry on its mission for their next generations to come. 

Read more about the life of Yastel Yamada here.

Risque de catastrophe au réacteur 2 de Fukushima Daiichi : quelles conséquences pour le Pacifique et les USA ?

Source : Asahi Shimbun

 
À la centrale dévastée de Fukushima 1, Tokyo Electric Power Co. Holdings Inc. révèle que le niveau de radiation dans l’enceinte de confinement du réacteur 2 avait atteint 530 sieverts par heure (Sv/h), le taux le plus élevé qu’on ait mesuré depuis la fusion des trois cœurs en mars 2011.

À ce taux de 530… Continue reading

福島第一原発二号機が引き起こしかねない大惨事 太平洋と米国への影響や如何?

(翻訳:神学博士 川上直哉)

朝日新聞英語版より

朝日新聞英語版より

事故により破損した福島第一原子力発電所の第二号機格納容器内の放射能レベルは最大で530Sv/hにまで達した。これは2011年3月の事故によって三つのメルトダウンが起こって以来最大の数値であると、東京電力会部式会社(TEPCO)は語った。

530Sv/hとは、ごくわずかな時間の被ばくによって人が死亡するレベルである。この放射能の数値は、2011年3月に破損した三つの原子炉すべてを解体する困難の巨大さを示している。原子炉取り出しの方法を見出さなければならない日本政府とTEPCOは、まさに困難な現実を突き付けられた格好だ。

国立研究開発法人 放射線医学総合研究所(放医研)の公式見解によると、放射線を取り扱うどんな医療関係者も、これほどのレベルの放射能を取り扱うことについては、考えることもできないという。

TEPCOはまた、カメラの遠隔操作によって得られた映像を分析したところ、原子炉の第一格納容器の中にある圧力容器の下には、金属製の格子の中に2メートルの穴があった、とも報告した。

放射能、3.11以来最大に
2017年2月3日付 ジャパンタイムス

画像分析によると、福島第一原発二号機内格納容器の中の圧力容器の下にある格子に2メートルの穴が空いている。(画像は東京電力)

画像分析によると、福島第一原発二号機内格納容器の中の圧力容器の下にある格子に2メートルの穴が空いている。(画像は東京電力)

原子力の安全対策を専門とするタナベ フミヤ氏によると、この画像分析によって、廃炉作業の準備とその具体的作業は、当初考えていたよりもさらにずっと難しいものだと分かった、という。なお、タナベ氏は1979年に米国スリーマイル島で起こった原発事故を分析した経験を持っている。 
– “Radiation Level in Fukushima Reactor could kill within a minute”, 「福島原発の原子炉内放射能は一分以内に人を殺傷するレベル
2017年2月3日 朝日新聞英語版
損傷した福島第一原発二号機の格納容器内の放射能レベルは、専門家が信じていたよりも格段に高いものであったことが、今や、明らかとなりました。

二号機の危機を前に、私は一つの恐ろしい記憶をよみがえらせています。それは2011年3月の地震の後に福島第一原発四号機が引き起こしかねなかった大惨事です。四号機は、ヒロシマ型原爆の14000倍に相当する放射能をその内側に蔵していたのでした。

二号機の危険性は今、私たちにいくつもの問いを持って迫っています。

    Quel rapport entre les centrales nucléaires et les armes nucléaires ?

    Après la catastrophe nucléaire de Fukushima, j’ai réalisé une chose importante: nous n’avons pas voulu voir que les radiations provoquées par les bombes atomiques et celles qui proviennent d’un accident nucléaire sont extrêmement similaires en termes de risques pour la vie humaine. Il ya longtemps que nous admettons les dangers des attaques à l’arme nucléaire quand elles sont perpétrées par des États et aujourd’hui nous comprenons la menace que représentent

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か?

    松村昭雄

           (日本語訳:川上直哉 神学博士)

    福島原発事故を契機に、私は重要なことに気づかされました。私たちはどうやら、「原爆による放射能」と「原発事故による放射能」との関係について、十分に理解していなかったようです。実は、人間の生命や人生について真面目に考えるなら、実はこの両者は、ほとんど同じリスク要因となるものだったのです。国家による核攻撃にさらされるかもしれない、という危険を、私たちはずっと抱えてきました。そして今、私たちは新たに原発の脅威を感じています。人的なミスと、そして地震・津波・火山などの自然災害と、その二つが原発に及ぼす脅威のことです。あるいはここで、何かもう一つ、カギとなるものを見落としているのではないか、と思うのです。つまり、原子力発電所に攻撃が加えられたら、いったいどうなるのでしょうか。結局、何が気がかりなのかといいますと、それはつまり、政情不安に悩む国でテロリストが原発を攻撃したらどうなるのか、ということなのです。

    核兵器に反対を表明しながら、核エネルギーを支持している、というオピニオンリーダーにお会いしたことがあります。彼によると、核エネルギーは二酸化炭素削減に大きな貢献をするというのです。この方が唱える核兵器反対も、核エネルギー支持も、両方とも意味ある議論だと思います。しかし私は思うのです。この両方とも、長期にわたるリスクとその帰結についての視野に欠けているのではないか、と。

    私は、スコット・ジョーンズ博士に助力を求めました。彼はNEAA(Nuclear Emergency Action Alliance核問題緊急同盟)のIAC(International Advisory Council=国際諮問会議)のメンバーです。彼に、原発と核兵器の関係を説明してほしいと思いました。彼はかつて海軍のキャリア官僚であり、核兵器に関する広範な経験を持っています。核兵器を運搬するパイロットとして高い評価を得、諜報部門での任務経験を持ち、官僚としては核兵器配備担当の任に就き、米国欧州作戦案における付帯文書「核による標的」を作成した人物でもあります。そうした経歴の後、彼は、クライボーン・ペル上院議員の特別補佐官となりました。なお、スコット・ジョーンズ博士には、以前、「Fading Memories and Lessons Learned風化する記憶と学ぶべき教訓)」と題した記事を寄稿していただいたことがあります。

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か

    スコット・ジョーンズ博士

    原子力発電所と核兵器との関係とは何か。そう問われたならば、「母と子」という関係が、両者の関係だと答えます。もちろん、「母子」という言葉に込められている古典的な優しいイメージはわきに置いておいてください。科学者の間で、そして、原子力事業者の間で、このことはすでに所与の事実なのです。とはいえ、「核の平和利用」という商業的なスローガンが導入されて以来、この現実はあいまいなものとされてきました。それが一般の人々の間に急激にはっきり意識されるようになったのは、1983年1月のことです。それは、論文「原子力科学の小冊子」が発表されたことによるのです。そこには次のように書いてありました。

    「ビジネスの力を核爆弾に結び付けること。このことの経済的利点を確認すればするほど、どうしても、いよいよ悲惨な結果に立ち至ることになる。1981年の終わりころ、米国政府は、商業用の原子炉にある核燃料を、新しい核弾頭のためのプルトニウムの原材料として使いまわすことを考え始めたのだ。そこに経済的な魅力があると衆目が一致するなら、それもあり得ることだろう。しかしそうだとしても、そこには膨大な政治的コストがかかることになる。そのことを、合衆国政府は考慮に入れたのだろうか。」

    核エネルギーが生み出すものと、核兵器とは、基本的・根本的なところでつながっています。それは家族的な関係といえるでしょう。しかしながら、それは別の重要な関係性へとつながっています。

    核兵器は、国家安全保障をめぐる政治的決断という強い意志を込めて生み出されるものです。合衆国が核兵器を開発し使用しました。その後、核兵器保有国のクラブが生まれました。その保有国たちは、核保有がその国に安全をもたらすこと、そして、この機会を逃せば核はもう持てなくなるだろうということを考えて、決断をして核保有に踏み切りました。そのとき、それはすべての潜在的な敵に対する抑止としての防衛的措置である、と主張されました。つまり、核兵器で攻撃されることへの抑止ということが語られたのです。

    恐怖というのは、見事な肥料です。知恵をもって立派に立ちおおせる人であっても、恐怖にかられると、目に見える脅威が減らされるのか、あるいは激化するのか、とにかく判断してしまおうとしてしまうものです。判断することは、NEAAの任務ではありません。NEAAの任務は、緊急事態が進行中であるというときに、人々の手助けとなることです。

    まず、確かなこととして言えることが一つあります。それは、原発がそれ自身、潜在的な標的となっている、ということです。そして、簡単には予測できないことが一つあります。それは、いったいだれが、あるいは何が、侵略者となるのか、ということです。

    人間の世界においては、最近でも過去においても、敵というものはいつも、具体的な標的をもち、脅威として列挙できたものです。しかし今、世界には31の国々に450もの稼働中の原発があります。さらにもう少し未来に目を向ければ、16の国々が60の新しい原発を持つべく、建設を進めています。テロリストグループはそれらの中から一つを選べばいい。それだけで、大変な脅威が生じるかもしれないのです。テロリストはどこを狙うのでしょうか。標的は、攻撃への防御が最も手薄な場所を選んで決まるのです。

    いまや標的とすべきものの数に不足はありません。そしてその数は増えているのです。テロ攻撃というものは、それが成功なのか不成功なのかについて、放射性物質の拡散量によって決まるものではありません。テロの成否は、おそらく、まず物質的なものではない何かによって決まってくることでしょう。

    核エネルギーのネットワークは地球規模に広がっています。私たちはみな、精神的な逼迫状態にあるというべきシステムを共有しているのです。そのシステムは、核をめぐる事件が起こるたびに、キイキイと軋んでいます。世界の多くの場所で、事故や攻撃が起こるのか、起こらないのか。私たちはヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリそしてフクシマの記憶のレンズを通して見て、よく考えなければならないと思います。… Continue reading

    What is the Relationship of Nuclear Energy Plants and Nuclear Weapons?

    français | 日本語訳

    It is my important discovery from the Fukushima nuclear power accident that we failed to understand radiation from nuclear bombs and the radiation from the nuclear accident are little different in terms of the risk for human life. We have long accepted the dangers of attacks by state actors with nuclear weapons, and now we understand the threat of human error and natural disasters like earthquakes, tsunamis

    社会全体の利益を守るために: 原発関係者以外の声を繋ぎ、増幅させるため、 国際諮問会議を構築する

    2016年11月30日

    松村昭雄

    (日本語訳:川上直哉 神学博士)

    2016年11月23日の朝日新聞(英語版)に、以下のような社説が掲載されました。

    *************

    地球規模で考えてみれば、5年と6か月という年月の経過など、一瞬の時間にも過ぎない。

    2016年11月22日、マグニチュード7.4の地震が日本の東北地方を襲った。これは2011年3月11日の東日本大震災の余震とみられている。この地震は、私たち「忘れっぽい」人類への警告となった。

    今回特に、東京電力福島第二原発の使用済み燃料プールの冷却装置が一時停止したという事実が、多くの人々の心に警報となって響いた。実に、2011年3月の災害直後には、福島第一原発の冷却装置が機能しなくなり、使用済み核燃料が極めて危険な状態に陥ったのだ。その時、大規模な放射性物質拡散の危険性が高まり、人々は恐怖したのだった。

    今ここで私たちは意識しなければならない――私たちは、もしかすると、あの特別な教訓をすでに忘れてしまっているのではないだろうか。

    私たちは、すべての災害から謙虚に学ばねばならないはずだ。今や、個人であれ、団体であれ、社会のすべてを挙げて、実行可能な対策を、しっかりと確実に講じ続けなければならない。

    つまるところ、それだけが次の災害への唯一の備えとなる。次の災害は、あるいは今日起こるかもしれないのだ。

    *************

    日本政府と東京都は2020年の東京オリンピック関連情報を大量に流し続けています。その狂騒の結果、私たちはある事実についてほとんど顧慮しなくなってしまいました。つまりたとえば「復旧がどのように進んでいるのか」とか「作業員がどんな困難に直面しているか」とか、あるいは「福島第一原発周辺でどれほどの地域が立ち入り不能となっているか」といった事実を、私たちはもう気にもしていないのです。確かに、表層的にだけ物事を見ている日本人や米国人にとっては、福島原発の問題はずいぶん前に解決済みで、今も「アンダーコントロール」なのでしょう。しかしもちろん、そんなことにはなっていません。福島原発の危機は多方面にわたって継続しており、人類と環境の安全性は脅かされ続けている、と、私は懸念しているのです。

    福島県楢葉町にある東京電力福島第二原子力発電所 (Kyodo November 22, 2016. Mandatory credit Kyodo Kyodo/via REUTERS)

    福島県楢葉町にある東京電力福島第二原子力発電所(Kyodo November 22, 2016. Mandatory credit Kyodo Kyodo/via REUTERS)

    もはや、メディアがこの危機にスポットライトを当てることはなくなってしまいました。ですから、敢えて以下の事実に意識を向け続けることが重要となっています:

    • 放射能が強すぎて、福島第一原発の1・2・3号機の内部には、誰も入ることができない。今後最低40年は、露出した核燃料を取り出すこともできないとされている。
    • 東京電力は400トンの冷却水を毎日投入することで、メルトダウンした三つの炉心を冷やしている。これとは別に、400トンの地下水が原子炉建屋に毎日流入している。加えて、汚染地域に広がる放射性物質が雨によって海へと流れ出てしまっている。

    Pour la défense de l’intérêt public : connecter et amplifier les voix indépendantes en matière d’accidents nucléaires

    Akio Matsumura

    Information tirée de l’ Asahi Shimbun Editorial on Nov 23, 2016 (Anglais) :
    Pour la planète Terre, une période de cinq ans et huit mois ne représente que le temps d’un éclair.

    Le séisme de force 7,4 qui a frappé l’est du Japon le 22 novembre 2016 et serait une réplique du grand séisme du Japon de l’Est du 11 mars 2011, a servi à… Continue reading

    In Defense of the Public Interest: Connecting and Amplifying Independent Voices around Nuclear Accidents

    français | 日本語訳

    Akio Matsumura

    Excerpts from the Asahi Shimbun Editorial on Nov 23, 2016:
    For planet Earth, the passage of five years and eight months represents nothing but a flash.

    The Magnitude 7.4 earthquake that struck eastern Japan on November 22, 2016, believed to an aftershock of the Great East Japan Earthquake of March 11, 2011, served as a wake up-up call, for us… Continue reading