Monthly Archives: July 2013

Japan’s Fault: The Risks of Mt. Fuji’s Eruption and Nuclear Power

Read in Japanese (日本語), Spanish, German, and French.

by Akio Matsumura

 

Please see this response from Jorge Zanelli, theoretical physicist  and former head of a presidential commission to assess the nuclear option for Chile.

 

What if Mt. Fuji erupts? The question seems random and provocative, but it is one we should be asking.

The Great Tohoku Earthquake that caused the… Continue reading

もはやお手上げ:益々制御のきかなくなりつつある核セキュリティー

2013年7月12日

By:松 村 昭 雄

IAEO Generaldirektor Yukiya Amano bei der Nuklearen Sicherheitskonferenz der IAEO im Juli 2013

国連国際原子力機関(IAEA)事務局長・天野之弥氏於:IAEA原子力安全保障に関する国際会議(2013年7 月)     

ほとんどの人にとって、核セキュリティーといえ ばイランと北朝鮮のことを意味します。たしかに それらは世界の安全に対する脅威である一方、原 子力核廃棄物について、核燃料再処理について、 開発途上世界に増加する原子力発電所について、 等、まだ十分に協議されていない問題要素を多く 残す原子力には、軍や指導者達が早急に準備をし なければ、世界的な危機の原因となる力があるの です。

 

7月初旬、国連国際原子力機関が一週間に亘る長 い事務的な原子力安全保障に関する会議を終え、  ブルームバーグのジョナサン・タイローン氏が、「2011年にメルトダウンを起こして16万人の人々を移転させた日本の福島第一原子力発電所が、大混乱を起こすことを求めるテロリストに新たな青写真を与えることになるかもしれない」というアナリストの分析を報告しています

 

原子力産業は世界中で成長しています。100基ほどの新しい原子炉がここ数年のうちに建設されることが申請されており、世界全体では合計600基近くになることになります。この原子力の激増は、バランスを崩して安全保障リスクが経済効果を上回り、世界の人々を危険な状態におくことになるでしょう。

 

原子力発電所建設に伴う大きなビジネスの機会と原子力を保持することで得る威信とが、会社や国の、起り得る大災害や増加するリスクに対する適切な対応を避ける理由です。

 

これら新規の原子力発電所の多くは開発途上国におけるものです。原子力発電所を始めて持つ、どちらかといえば政治が不安定、安全保護能力が不確か、単純労働者が多くを占める、国々です。しっかりした規制体制と優れた技術トレーニングプログラムがあり、また有能な技術者、管理者、科学者をもつ先進諸国が、原子力発電所は人間のミスや自然災害に影響されやすい、ということを幾度にわたり証明してきたのです。言い換えると、我々は開発途上国の災害対策チームにどれほどの信頼を置きますか?ということです。

 

より多くの核分裂性物質が、より不安定な手中に置かれることにリスクが伴うことは明らかです。テロリストにとってもより弱い政府から物質を手に入れるのは更に容易いでしょうし、そのより大きな入手可能性が、監視の不足や物質が悪い人間の手におちる、より大きな機会になることは避けがたいことでしょう。原子力発電所自体もテロリストには主要な攻撃目標なのです。より多くの原子力発電所がより少ない保安状況の下にあれは、攻撃の可能性も上がるでしょう。

 

全てのこうしたリスクは当該政府内では確かに十分に協議されることでしょう-明らかな危険であり、(核に関る)典型的な対話のひとつです。

 

私が最大の安全保障リスクであると考えること、そして新規の原発がオンラインになる度に次々と増加するもの、それは使用済燃料です。原子力の開始以来、当該政府は使用済燃料の難問に直面してきました。発電過程でつくられる放射性の高い物質をどこに廃棄するかという、政治的また環境的に確実な解決方法は、誰にもみつけられないのです。アメリカ合衆国では大量のこの放射性の高い物質を発電所にあるプールもしくは別の場所にある貯蔵所で冷却しています。何故これらのプールが今までテロリストの目標とならなかったのかは謎です。

 

日本が再開しようと希望している、核燃料の再処理は問題の解決にはなりません。プルトニウムをさらに作り出し、国々の間で輸送される放射性物質(日本の多くの再処理放射性物質はヨーロッパにおかれる)の攻撃や窃盗の機会を増やすだけです。… Continue reading

Kontrollverlust – Unser schwindender Einfluss auf die Nukleare Sicherheit

Beim Thema „Nukleare Sicherheit“ kommen uns meistens der Iran und Nordkorea in den Sinn. Während diese derzeit als Bedrohung der globalen Sicherheit gelten, besitzen etliche, allerdings wenig beachtete Facetten der Atomenergie (Atommüll, Wiederverarbeitung, neue Atomkraftwerke in Entwicklungsländern) das Potential, zu globalen Krisen auszuwachsen, wenn diese nicht umgehend von Führungskräften militärischer oder ziviler Natur in Angriff genommen werden.

 

Beyond Control: Our Loosening Grasp on Nuclear Security

IAEA director

IAEA Director General Yukiya Amano at theJuly 2013 IAEA Nuclear Security Conference

Read in FrenchGerman, Japanese (日本語 ), and Spanish.

To most, nuclear security means Iran and North Korea. While these do present global security threats, the intersection of many under-discussed components of nuclear… Continue reading

Globales Lernen: Österreichische Schüler auf der Suche nach dem Missing Link

10 essays cover

1. Juli 2013

Es freut mich, die Arbeit von Schülern einer Klasse eines österreichischen Gymnasiums (high school) vorstellen zu können. Begleitet wurden die Schüler von zwei Lehrern (Leonore und Hermann) – siehe Fotos. Sie haben sich im letzten Semester mit unterschiedlichen Facetten der Katastrophe von Fukushima beschäftigt und haben Essays verfasst, in denen sie ihre Überlegungen darlegen… Continue reading

原子炉は段階的に廃止すべき:前アメリカ原子力規制委員会会長の発言

 

原子力専門家のゴードンエドワーズ博士がヤツコー会長の決断の背景を説明します。

 

原子炉は段階的に廃止すべき:前アメリカ原子力規制委員会会長の発言

(Former Chairman of Nuclear Regulatory Commission: Reactors Should Be Phased Out)

By: ゴードン・エドワード博士

2013年4月9日

 

 

20130409-211940.jpg昨年までアメリカ合衆国原子力規制委員会会長職にあったグレゴリー・ヤツコー氏が、全ての潜在的に危険な機械は、その全てを完全に停止できる「緊急停止スイッチ」を備えているべきである、という最も基本的な認識に至りました。原子力発電炉にはそれが無いのです。ですからヤツコー会長は、全ての原子炉は段階的に廃止すべきである、という結論を出しました。

 

ヒーローが爆発装置や巨大な殺人マシンの動力を間一髪に止めて大惨事が無害なものへと代わる、といったアクションアドベンチャー映画が一体何本あることでしょう。大事故の起るほんの一瞬前に(?) 装置や機械が瞬く間に悪から良に代わる。大惨事から無害へと。なぜなら、誰かが「停止」スイッチのボタンを押すからです。

 

しかし、原子力発電炉は完全に停止させることはできないのです。どんなに緊急な場合にでもです。とんでもない構造欠陥です! 止めることのできない自動車や消せない火事を想像してみてください。

 

勿論、全ての原子炉に核の連鎖反応を2秒以内に止める「緊急停止装置」はあります。そして大抵はたいへんよく効きます。スリーマイル島の原子炉は最初のトラブルのサインがあった時に直ちに停止しました。ただその後に溶けただけです。福島第一の3つの稼働中の原子炉は全て津波が到着する前に自動停止しました。ところが結局、全て溶けたのです。

 

問題は、核連鎖反応を止めることが熱発生を止めはしないのです。使用している規模に準じて数千度の熱が、燃料の溶け出すポイントに向かって上昇し続けながら炉心に加え続けられる、という止められないプロセスなのです。

 

熱は何故止まらないのでしょう? それは私達が放射能活動を停止する方法を知らないからなのです。

 

通常の稼動をしている原子炉の炉心で激しく発生する、放射性副産物の途方も無い一覧表があります。たとえ核分裂が止まった後にも、核燃料の核分裂の結果炉心に集まった不安定な原子の放射性崩壊(壊変)により物凄い率で熱が発生し続けます。

&nbsp… Continue reading

「福島原発近くの地下水にハイレベルのストロンチウムを検出」

 

福島原発近くの地下水にハイレベルのストロンチウムを検出

(High Levels of Strontium Found in Groundwater Near Fukushima Plant)

2013年6月20日

 

 

6月18日付ニューヨークタイムズ紙の田淵広子記者による記事「福島原発近くの地下水に高レベルの放射性ストロンチウムが検出」は、TEPCOが福島第一原子力発電所で許容レベルをはるかに超えたストロンチウム90とトリチウムを検出していたことを警鐘している。

 

Foto von Asahi Shimbun

朝日新聞からの図

“災害で打撃を受けた福島県の原発オペレーターである東京電力が水曜日に、発電所で地下水にハイレベルの放射性ストロンチウムを検出したことを発表。貯蔵タンクから汚染水が漏れ海水に流れ込んでいるのではないかと危ぶまれている。オペレーターによると、2011年に炉心溶融した原子炉2号基近くの地下水で日本の安全基準リミットの30倍のストロンチウム90を検出したもの。当社は発電所での増加する汚染水の貯蔵に懸命な努力を続けているが、以前には現場の地下水が毒性であることは否定していた。もし経口摂取した場合、ストロンチウム90は骨内に留まり体内で放射能を放ち、やがて癌を生じることになることがあります。”